■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「おどれおどれ玩具よおどれ」の巻
 本日のマルぼんとヒロシ、「入所者全員、目が死んでいる!」ともっぱらの評判である町内の老人ホームへ慰問にやってきました。


 出し物は『おもちゃのダンス』。その場にあるおもちゃを自由自在に躍らせることができるラッパの機密道具『トイラッパ』を使用します。


ヒロシ「さぁ、行きますよー!!」


 ヒロシが『トイラッパ』を吹くと、持参したおもちゃ(エロゲーのキャラのフィギュア)が華麗にステップを踏みはじめました。


マルぼん「あれ!? 入所者の皆さんも踊り始めたぞ!!」


 死んだ目をしてじっとしていたハズの入所者たちが、ラッパの音にあわせ、おもちゃ(エロゲーのキャラのフィギュア)とともに踊り始めたのです。


 ラッパを吹くのをやめると、踊りが止まりました。


 吹くと、また踊りはじめました。


 やめると停止。なんでだろうなんでだろう。


 おもちゃが踊る機密道具のラッパを吹いて、どうして入所者が踊るのだろう。 


 職員がみんな目をそらしているのはなんでだろう。 


 
スポンサーサイト


日記 | 17:28:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。