■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「くやしかったら人生のすべてを一枚の絵で表現してみせろ!」の巻
ヒロシ「たたたたたいへんだ! ナウマン象がまた個展を開催するって!」


マルぼん「な、なんだってー!?」


 ナウマン象の趣味は絵画。本人は『やはり天才じゃったか。オレ』と自分の絵画の腕を上手いと思い込んでいるのですが、その作品からは不快感とか負のオーラが発せられており、気の弱い人が見ると発狂したりするようなシロモノです。健康な人にもかなり害があり、1ヶ月くらい鈍い頭痛が続いたりします。


 そんなナウマン象の個展が、たまに開催されるのです。ナウマン象の知り合いは、ふるって観覧することが義務づけられています。参加しないと、ナウマン象が自宅前で割腹自殺していたりするなど、いやがらせが続いたりするので、みんな嫌々観覧するのです。行くも地獄、行かぬも地獄。前にも地獄、後ろにも地獄。


ヒロシ「ああ、嫌だ。今の僕は、人間関係のゴタゴタで精神的にまいっているんだ。こんな状態であんな絵を見たら、僕は発狂して、人前で突然奇声をあげたり、革靴を食べだしたり、罪を犯しても罰を与えられなかったり、壁のシミが人の顔に見えるような人間になってしまいます」


マルぼん「マルぼんだって、たぶんひどいことになるよ。死んだりとか。絶命したりとか。逝去したりとか。息をひきとったりとか」


 失禁などしつつ、個展への恐怖に震えるマルぼんとヒロシ。しかし、神の奇跡か仏の慈悲か、個展中止の報が飛び込んできたのです。


 喜ぶマルぼんたちのところへ、「あたい、もう絵を描けない!」とナウマン象が飛び込んできたのはその夜のことでした。


 ナウマン象、所持していた刃物のようなものをヒロシに手渡すと


ナウマン象「その刃物のようなもので、あたいの腹を刺して! そして臓物をひきずりだしながら犯して!」


ヒロシ「そんな猟奇的な夢はかなえることはできないよ! かなえるわけにはいかないよ!」


ナウマン象「絵を描けなくなるくらいなら、あたいは死んだほうがマーシーなの!」


マルぼん「いったいどうしたというのだい。ちょっと話をしてごらんなさい」


ナウマン象「かくかくしかじか」


マルぼん「ほう。評論家に『なんの価値もない絵だ』と言われたと。それはそれは」


ヒロシ「なんとかしてあげよ。このままだと、僕の部屋で果てるよ、あのガキ大将」


マルぼん「『価値でる額縁』。この額縁にいれた絵は、どんなものでも価値がでるんだ」


 さっそくナウマン象の絵を額縁にいれるマルぼん。もちろん、絵を直視しないように。
と、そこへ複数の警官がやってきました。


警官「ああ、いたいた。被疑者確保」


ナウマン象「え、あたい?」


警官「おたくの絵を見た人がねえ、何人か亡くなったの。だからねえ、逮捕」


ヒロシ「じゃあ、個展が中止になったのは」


警官「始まった瞬間、観覧者に被害がでたからですよ。さぁ、署でゆっくりと話を聞きませう」


ナウマン象「え、え、えー!?」


警官「はい、パトカーに乗ってね。あ、その額縁に入れた絵も持っていくんで。凶器ですからね。よーく調べないと。それじゃ!」


 マルぼんはナウマン象の絵に、事件の真相を解き明かすための鍵としての価値をあたえた『価値でる額縁』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。