■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「拍手を浴びたい。酒も浴びるように飲みたい。そんなヒロシの毎日が今日もはじまります」の巻
「一生に一度でいいから、たくさんの拍手をこの身にうけてみたいよ」とは、最近のヒロシの口癖。


ヒロシ「でも、そのために努力はしたくないんだ」


マルぼん「ゆとり教育が完全な失敗であることをマルぼんは悟ったよ。今の君の発言で」


ヒロシ「なんの努力をしないでも、たくさんの人たちからたくさんの拍手を浴びることができる機密道具だしてえ」


マルぼん「『拍手喝菜』。この野菜を食べれば、お望みのとおり、なんの努力もなしで惜しみない拍手をその身に浴びることができるさ」


ヒロシ「いやっほう!」


『拍手喝菜』を生のまま、バリバリもりもりむしゃむしゃくしゃくしゃぬちゃぬちゃもぐもぐねちゃねちゃぐっすんおよよもぐもぐむしゃむしゃむしゃと食するヒロシ。


ヒロシ「実は明日はマラソン大会なんだ。『拍手喝菜』を食べた僕はきっと、トップで華麗にゴールして、表彰台の上で拍手を浴びるに違いないよ」


警察「あ!」


ヒロシ「はい?」


警察「ついに見つけたぞ、反政府テロ組織『まじかる☆ぶれいど!』の大幹部・暗黒四天王の1人である
ボンソワーレ黄泉比良坂! 逮捕ー!! 逮捕だぁ~!!」


ヒロシ「いえ、人違い……」


警察「逮捕ー!!」


 ようやく逮捕された暗黒四天王のボンソワーレ黄泉比良坂は光の速さで死刑が決まりました。死刑の行なわれる微笑町駅前の虹の広場には、『まじかる☆ぶれいど!』のテロ行為によって大切な人を失った人々が集まっていました。ギロチンでボンソワーレ黄泉比良坂の首が宙に舞った瞬間、一斉に拍手がおこりました。拍手どころか、スタンディングオベーションまで。


 マルぼんは『拍手喝菜』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。