■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ひとつになるのは心だけ」の巻
 公園で楽しく遊んでいると、なんかブツブツ呟いている細身でメガネの男がやってきました。


ヒロシ「あれは近所に住む医大志望の浪人生(32歳)だ。家にプラモやビデオがたくさんあるんだ。見せてもらったことがある。『プラモやるから服を脱げ』とか言われたから、人生で最大限の努力をしてなんとか逃げ出したんだけど」


32歳「医大志望の偉大な俺は、今日からこの公園の総帥であーる。貴様ら、俺にかしずけーい」


ヒロシ「ああ。まだまだ暑いし、仕方ないよね」


32歳「かしずけーい」


ヒロシ「無視して遊ぼうぜ、無視して」


金歯「あ、32歳がなんか胸元からだしたでおじゃる。あれは濃硫酸!!」


ナウマン象「バカな!? 子供相手に濃硫酸!? ……俺、かしずきまーす!!」


 偉大志望(32歳)の靴を舐めに行くナウマン象。


 ガキ大将の敗北により、僕らの公園は偉大志望の浪人生(32歳)のエルドラド(文句を言う親も、なんとか部屋から出そうとするカウンセラーも、脳波を検査する医者もいない)と化したのでした。


ヒロシ「チッ! ナウマン象のうすのろめ! こうなったら、このヒロシが医大志望の浪人生(32歳・親戚会議でいつも議題になる)を倒してやる!」


マルぼん「で、なんか妙案はあるの?」


ヒロシ「ありません、はい。マルぼんー。あの医大志望の浪人生(32歳・この人のせいで近所に交番ができた)を倒す方法考えてよー!!」


マルぼん「そういわれてもナー」


金歯「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


ヒロシ「あ、金歯の悲鳴だ。お百姓さんたちに捕まって、引きずられているぞ」


マルぼん「一揆だよ。最近、アホみたいに年貢を高くしていたしね。権力者も団結した民衆には弱いものだ」


ヒロシ「それだっ! 団結だよ、団結! 1人1人は弱い子供でも、団結したら、濃硫酸をもった医大志望の浪人生(32歳・親から外に出ないように言われた)だって倒せるはずだよ!」


マルぼん「そうだね」


ヒロシ「よーし、マルぼん、あれだして!『ラジオを通じて毒電波を流し、受信した人を自在に操る機密道具』あれでみんなを団結させてだね」


マルぼん「あれは法律で使用が禁止されたよ」


ヒロシ「それならあれ、『人を生ける屍状態にして、自在に操ることができる魔法のパウダー(原材料テトロドトキシン)』!」


マルぼん「それも使えないなー」 


ヒロシ「なら『誰でも簡単に、カルト教団ばりのイニシエーションが行える機密道具』は? そのイニシエーションで信徒を集めてだね…」


マルぼん「それも無理。その機密道具を使っていた方々が集団自殺をして社会問題に」


ヒロシ「それなら覚せい剤だせ! これで中毒患者を…」


マルぼん「青少年にやさしいサイトを目指しているのに、そんなもの使えるか! こうなったら、アレを出そう!『一血団血』~」


ヒロシ「…血? まずいって。血は色々と」


マルぼん「まずこの血になんでもいいから体液をたらす。するとこの血に、その体液の主の思想がインプットされる」


ヒロシ「使うの? ねえ、使うの?」 


マルぼん「で、この血を輸血された人は、その思想によって染められてしまうのさ。こいつで、いつもの連中を洗脳しよう」


ヒロシ「うう。なんか気が進まないけど、やってみるしかないかぁ。幸いにも、ヒロシくん七つ道具の『クロロホルム』『人がすっぽりはいる麻袋』があるから、それでみんなを集めよう」


マルぼん「なんでそんな七つ道具を…」


 そんなわけで、マルぼんとヒロシは町へと繰り出しました。


ヒロシ「あ。ルナちゃんだ。いいかい、マルぼん。最初、僕が道を聞くフリをして油断させるから、このクロロホルムを使って…」


マルぼん「なんで手馴れているの?」


ヒロシ「ルナちゃーん」


ルナちゃん「あらヒロシさん」


マルぼん「こそこそ」


ルナちゃん「きゃ!? なんでうしろからマルちゃんが!? しかもそれは、
『クロロホルムを染みさせた布』と『人がすっぽり入る麻袋』!!
あたしをかどわかそうとしたのね!!」


町民「またあのガキと怪生物か!!」


町民「これで何度目の騒動だ!!」


町民「自警団を結成して、やつらを町から追い出そう!!」


町民「オオー!!」


 こうして微笑町はひとつとなり、マルぼんたちは故郷を失いました。



 後日談

マルぼん「ナウマン象がひきこもりになったって?」


ヒロシ「うん。この前での医大志望の浪人生(32歳。塀に囲まれて、数年間自由がまるでない授産施設に
無事就職)事件で、たいした活躍もせず、靴など舐めまわした件で、町の住民たちの信頼を失っただろ。そのショックらしいんよ」


マルぼん「まぁいいじゃん。これで『やいヒロシ、受取人を俺にした高額の保険に入れ!』とかいじめられずにすむし」


ヒロシ「それはそうなんだけどさ…担任の桜井ゴメス(43歳。独身。自称魔法少女の男性)が『ひきこもりがクラスにいると、色々マズいんで、変な生物と同じ釜の飯を食っている貴様が、
なんかしろ』とか言うんだ。なんとかなんない?」


マルぼん「そうさなぁ。ナウマン象は自信を喪失しているんだろう。なら、
自信を回復をしてやれば…」


そんなわけで作戦が開始されたメポ。


ヒロシ「大脳くん、元気になる注射だよ」


大脳「ワーオでヤンス。はー。効くでヤンス」


ヒロシ「実はそれ、打つと恐ろしい力が手に入る注射」


大脳「ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」


 そんなわけで、マルぼんとヒロシはナウマン象の家(玄関付近に監視カメラ。ガラの悪い男がなにかを守るかのようにうろついている)にやってきました。ナウマン象の部屋の本棚に、ボーイズラブ系の本が並んでいたという事実は脳から消去。


ナウマン象「なんだ、貴様らか」


マルぼん「大変なんだよ、ナウマン象。大脳のヤツが急に筋肉の下僕と化して、町でやりたい放題をしているんだ。この事態をなんとかできるのは、君しかないよ」


ナウマン象「俺には…無理だ。俺は負けた。精神的に負けた。俺にはガキ大将の資格はない…」


ヒロシ「ちょっと、これをつけてみてよ」



ナウマン象「なに? ブローチか。イカリ…船のイカリの形をしているブローチか。ほら、つけてみたぞ



マルぼん「ある病院で、新しい医療マシーン購入のため資金を院長が使い込んだの。その医療マシーンが投入されていたら死なずにすんだ患者が、5人いたんだって。で、この院長は今も院長をしているの」


ヒロシ「とある老人ホームでね、入所者のおじいさんがとても苦しくなったんだって。で、ナースコールで職員を呼んだんだけど、めんどくさかった職員は無視。それでおじいさんは…」


ナウマン象「…!!なんて話だ。おお神よ、そんなろくでなしを放置するなんて、俺はあなたが憎い…って、ああ!!」


 ナウマン象が髪が金髪になり、なんか黄金のオーラまで放ち始めました。


マルぼん「それは『イカリのイカリ』』。装備した人は、怒れば怒るほどパワーアップする。ナウマン象…君は強い!!」


ヒロシ「いくかい?」


ナウマン象「……ああ。行くよ。行くともさ。あの日、どこかでなくした勇気ってのを探しにな!!」


大脳「ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」



ルナちゃん「キャー!! 力の虜と化した大脳さんが、町のファンシーショップを強襲しているわよ!!」


ナウマン象「そこまでだ! そこまでだぞ、大脳!!」


大脳「ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」


ナウマン象「ぐふっ恐ろしい威力のパンチ…!!」


ヒロシ「これでナウマン象が大脳に勝てば、見事立ち直り、僕は桜井ゴメスの覚えもめでたくなるんだけど…押されているね」


マルぼん「力が足りないんだ。もっと怒らせて、『イカリのイカリ』の効果でパワーアップさせよう」


ヒロシ「戦時中は『空襲でオリが壊れて逃げ出してはいけない』と、動物園の動物が殺されまくったそうです」


ルナちゃん「深夜、急性盲腸炎になった子供が、搬送先の病院で診断拒否されまくった挙句、手遅れで…」


マルぼん「親がパチンコしている間に、駐車場に止めてあった車の中にいた子供が…」


金歯「一日に何種類の生物が死滅しているか知っているでおじゃるか?」


ナウマン象「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


ヒロシ「すげえ気だ!!」


ナウマン象「でやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


大脳「ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!?」


ヒロシ「やた! 大脳を倒したぞ! ナウマン象、すご…ごぼっ」


マルぼん「ナウマン象! それはヒロシくんだ。敵じゃない…!! って、やめ、やめげぼっ」


ナウマン象「罪深い…罪深すぎるぞ、人類!! 生きるカチもない…!! 俺が滅ぼしてやる…怒りの力で…!!」


マルぼん「あ…怒らせすぎて…その矛先が…矛詐が人類に…ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!」


『イカリのイカリ』の効果は絶大だとマルぼんは思いましたが、ナウマン象の放った光線でケシズミと化したので口にすることはできませんでした。


スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。