■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「完全版」の巻
ヒロシ「ああ!!」



マルぼん「どした?」


ヒロシ「この前、全財産つぎ込んで購入したレアな漫画が、完全版として新たに刊行されるんだって! なんだよこのタイミング! そ、そうか! 出版社の連中、僕を監視しているんだ! 監視して、僕が昔の単行本を買ったのを見てあざ笑っているんだぁ!! 死ぬ! 僕は死ぬー!! こんな世界に死をもって反逆してやるー!!」



マルぼん「まあ、落ち着けって。このシールを貼ってみな」


ヒロシ「本に? ああ! 本にカラーページができてる! これ、雑誌掲載時にカラーだったとこだ! こちらは単行本になるときに削除されたページ!」


マルぼん「これは『完全版シール』。貼ったものは、なんでもかんでも完全版になる」


ヒロシ「ようし! さっそく全単行本にシールを貼ろう!」


ナウマン象「おう。いいモン持っているじゃねえか」


ヒロシ「ナウマン象! 貴様、なぜ僕の部屋に!」


ナウマン象「色々な、はぁはぁ。ヒロシのことを知りたくて、つい。3日前から。ベッドの下にだなぁ。はぁはぁ」


ヒロシ「切実にキモい!」


ナウマン象「それよか、そのシールをよこせ。俺に貼る! それで俺は完全な人間になれるのさ!」


ナウマン象は『完全版シール』を自分に貼り付けました。途端、卒倒するナウマン象。病院へ運んだのですが


医師「数年前に手術して切除した癌がなぜか再発していますな。手術は上手くいったはずなんですけど…」



 雑誌掲載時には載っていたのに、単行本では削除されたページが収録されていたりするんですよね、完全版って。特に手塚治虫先生の作品なんかは削除ページが多くて。仕方ないから掲載を集めて、切抜きで自分オリジナルの単行本を作ったりするのが楽しかった。完全版は素晴らしいとは思いますが、こういった楽しみがなくなってしまうのはさみしいものですよね。とかいいつつも、今日も大好きな作家さんの完全版単行本を買いあさったりしてしまうわけです。人間の欲望はほんと底なし。というわけで、次回はいよいよヒロシが入籍するお話です。
スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。