■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「テンプレヒロイン・ルナちゃん登場」の巻
ルナちゃん「見て、あの雲、人の顔に見えるわ! あの壁のしみも! これは奇跡よ! 神が起こしたもうた奇跡なのよ、ウキーッ!」


ヒロシ「どうしてうちのヒロインはあんなのなんだろう。『家族か夫になる男以外に姿を見せたら死刑になる』とか言って、常にパンダのキグルミでその身を包んでいるし」


マルぼん「ヒロインがたまたま変な宗教の信者だっただけだ。気にするな」


ヒロシ「僕はありがちなヒロインと恋におちたいんだ。あんなのいやだよ!」


マルぼん「『ヒロイン改造手帳』。たとえば、この手帳に『おしとやか』と書くと、ヒロインがおしとやかな性格になる。この手帳に好きなようにかいて、ルナちゃんを自分好みにしてしまいな」




 『ヒロイン改造手帳』をもらった僕は、迷うことなく『ツンデレ』と書きました。それから数年後。色々あって、僕とルナちゃんは付き合うことになりました。交際を始めた当初は「さぞかしすごいデレをみせてくれるんだろうなぁ」とか思っていたんですが、ルナちゃんはデレるどころか普段よりきつい一面を見せてくるようになりました。


 自分の好みの宗教を押し付けてきたり、怪しげな毛の入った水を1リットル10万円で売りつけてきたり…そんな生活が50年続きました。この生活がまんざらでもないように思い始めた頃、彼女は逝きました。病気で、あっさりと。


 妻が亡くなってしばらくたった後、妻と親しかった女性が「『自分が死んだら夫に渡して欲しい』と預かっていた」と、たくさんのノートを持ってきてくれました。それは彼女の日記帳でした。適当に選んだ一冊を開いてみると



○月×日

ヒロシさんが私の作った料理をおいしそうに食べてくれました。幸せです!



×月○日

ヒロシさんと一緒にお出かけ。ヒロシさんと歩くと、いつもの道もパラダイスに見えちゃいます!



△月▼日

体調が悪いけど、ヒロシさんの顔を見たら元気いっぱいです!




 付き合い始めてから、彼女が入院するまでの間つけられていた日記は、全てが上記と似た内容でした。妻は、ルナは私のことを愛してくれていたのです。私は胸がいっぱいになりました。胸をいっぱいにしたその想いだけで、
私は残りの人生を1人で生きていけるとお思いました。しかしなぜ、彼女は死んでから日記を公開するようにしたのか…それだけが疑問です。



マルぼん「ボンジュール! マルぼんちゃんでちゅわ! あのねーいまさー『ヒロイン改造手帳』を見直していたんだけどさ、ヒロシくんてば『ツンデレ』を『シンデレ』って間違えて書いているよ。これじゃあルナちゃん、シンでからデレるヒロインになっちゃうよ」


 マルぼんは『ヒロイン改造手帳』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。