■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「漏れなくあいつがついてくる」の巻
 今日は雨。激しい雨。マルぼんの心にこびりつく悲しみは洗い流すことができない、雨。今日は雨。


ヒロシ「うわ。雨漏りしているよ!」


マルぼん「本格的にボロくなったなぁ、この家も」


ヒロシ「こんなに雨漏りしたら、僕の大切な漫画が濡れてガビガビになってしまいますよ?」


マルぼん「『漏れ帽子』。この帽子を被っている人の半径10メートル以内では、いかなるもの漏れることはない。さぁ、かぶれ!」


 ヒロシが『漏れ帽子』を被ると、雨は止んでいないのに雨漏りは見事に止まりました。
下の部屋でママさんが介護をしているおじいさん(ママさんが、財産目当てで愛のない結婚をした相手)の失禁も止まりました。


ヒロシ「いいことづくめの機密道具だね。どうしてこんな効果があるの? 僕不思議ー」


マルぼん「この『漏れ帽子』を作った技術者は、実はマルぼんのツレなんだ。そいつから聞いた情報によると、実はこの帽子には」


 ズキューン。


ヒロシ「なにいまの、銃声?」


 倒れるマルぼん。


ヒロシ「どうしたんだ、どうしたんだ、マルぼーん!? しっかりしろ!」


マルぼん「撃たれた、らしい」


マルぼんのツレ「まったく、油断も隙もありゃしねえ。」


ヒロシ「お、おまえがマルぼんを殺したのか! マルぼん殺し! 器物損壊で訴えるで!」


マルぼんのツレ「バーロー。こいつは、俺の作った『漏れ帽子』の企業秘密を漏らそうとしやがったんだ。死んで当然だ!」


 マルぼんは、薄れゆく意識のなかで、情報すら漏らさないようにしてしまう『漏れ帽子』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad