■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「がんばれ受験生! ヒロシの合格大作戦」の巻
デモシカ(担任教師)「今日は50メートル走のタイムを測るぞ。規定のタイムより遅かった者は不合格。不合格者は、外国の施設に5年くらい社会見学へ行ってもらいます!」


ヒロシ「ひょえー! 過酷ー!!」


デモシカ「あ、ナウマン象は規定のタイムより遅いみたいだな。業者さんお願いします」


業者さん「こちらへ」


ナウマン象「いやだ、いやだー! たすけて、かあちゃーん!! とうちゃーん!! 家の手伝いをするから、宿題もするから、もう喧嘩もいたずらもしねえからよう、たすけてくれよー!! とうちゃーん!! いやだー!! 怖いよーとうちゃーん!! かあちゃーん!! かあちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」


 トラックの荷台に載せられるナウマン象。しばらくは叫び声が聞こえましたが、やがてそれも止まりました。


ヒロシ「こいつはとんでもないことになってきたぞ。僕は走りに自信がない!」


デモシカ「はい、つぎ大沼。あ、待って、電話だ。はい、もしもし。え、はい。そうなんですか。それはご愁傷様で。おい、大沼。おまえの母ちゃん、意識不明だって。すぐ帰れ」


ヒロシ「マジっすか! いやっほうー! 帰ります」


デモシカ「タイムは明日、測るからな」


ヒロシ「……」


 胸にもやもやしたものを抱きつつも、ヒロシは帰宅しました。


マルぼん「ああ、よかった。無事に帰宅できたね。実はさっきの電話、マルぼんなんだ。キミが海外に社会見学させられそうになっていたのを見て、急いでクスリでママさんを意識不明にして病院へ運び、電話したんだ」


ヒロシ「ありがとう。助かったよ」


マルぼん「でも、結局明日、タイムを測るんだね。なんとかして、合格のタイムをはじき出さないと、キミは海外行きだ。よし、こいつを使おうか。『必勝はちまき』。こいつを頭にまくとだな、どんな試験にでも絶対に合格できる。こいつをまくんだ」


ヒロシ「よし、これで明日は楽勝かもしれないね」


 さっそく『必勝はちまき』を頭にまくヒロシ。と、その時。頭に山羊の被り物をした一団が突然、現れました。


ヒロシ「なにをする、離せ! 離さぬか!」


 ヒロシ担ぎ上げ、持参していたとても大きな布袋に押し込める山羊集団。


山羊「年齢……性別……身長に体重に声質……家庭環境……すべてが、すべてが大司祭様が示された条件を満たしている。合格だ。よろこべ少年、貴様は我が偉大なるツンデレ大萌神さま復活の生贄に選ばれたのだ」


ヒロシ「そんな神の生贄はいやー!」



 そのまま、山羊たちとヒロシは去っていきました。マルぼんは『必勝はちまき』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。