■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「努力だって、時には裏切ることもある」の巻
ヒロシ「痛いっ」


女「あ、ご、ごめんなさい!」


ヒロシ「いつつつ。今のは痛かった」


女「すいません、すいません、私、まだ慣れていなくて、そのせいでへたくそで」


ヒロシ「気にせんでください。昔から、痛いというのは相場が決まっているんですから」


女「で、でもベテランの人なんかは、ほとんど痛みを感じさせることなく終わらせることができるんですよ。
私ももっと練習しないと……でも、下手だからなかなかやらせてもらえなくて」


ヒロシ「日常的に練習する機会があればいいんだけど、こればっかりはねえ」


マルぼん「はい『機会到来機』。こいつはどんな『機会』でも呼び寄せることができる機密道具なの。これさえつかえば、貴女がそれを練習する機会が佃煮にするほどやってきますよ」


女「あ、ありがとうございます。これでがんばって練習します」


ヒロシ「がんばってくださいね」


その帰り道。


マルぼん「さっきの女性ののことを考えているの?」


ヒロシ「うん。がんばって練習して、立派になって欲しいなぁ。あの、注射の下手な看護師さん」





ニュース『逮捕されたのは、微笑町に住む看護師の女性です。この女性は、大量の覚せい剤と注射器を所持しているところを警官に見つかり……』

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。