■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「恋人たちへ……」の巻
 闇市コメコさん(19歳。アイドル。独身)は、自宅でチョコレートを溶かしています。恋人の穂戸堀サメ彦さん(54歳。時代劇俳優。既婚者)にあげるチョコレートを作っているんです。


闇市コメコ「サメ彦さん、喜んでくれるかなぁ」


サメ彦さん「お、おいコメコ」


闇市コメコ「あ、ダーリン!」


サメ彦さん「こまるよ。あんな、あんなラブレターを家に送ってこられたら! 妻に見られでもしたら」


(中略)


闇市コメコ「なによ、なによ! あたしに飽きたのなら、正直にそういいなさいよ! なにさ、なにさ。あたしバカみたい。こんなチョコレートなんて作ってさ! 」


 溶けたチョコレートの入った容器をもったまま、暴れ始める闇市コメコさん。


サメ彦さん「落ち着けよ、おい、落ち着け」


闇市コメコ「これが落ちついていられるものですか! むきー!」


サメ彦さん「やめろ、やめろ、痛っ! こら、ひっかくんじゃない……やめろ!」


闇市コメコ「きゃあ!」


 サメ彦さんにふっとばされた闇市コメコさん、壁にぶつかってしまいます。持っていた容器からチョコレートがこぼれ、闇市コメコさんはチョコまみれに。チョコまみれの闇市コメコさん、微動だにしません。


サメ彦さん「ああ、大丈夫か!? おい、おい、しっかりしろ……し、死んでる!」


 その後、色々あってサメ彦さんは、闇市コメコさんの遺体に大量の鉄アレイをくくりつけ、微笑町近郊の海に沈めました。


サメ彦さん「この辺は魚が多い。魚は人の死体を食うというが、やはりコメコの遺体も喰うのだろうか。コメコの体についたチョコレートも食べるのかな。あははは。世の男性諸君が、喉から手がでるほど欲しがるアイドルの手作りチョコを、よりにもよって魚が食べるとはな。アハハハハハ。ハ、ハハハ………うううう……ちくしょう。ちくしょう」

 
数日後。


ママさん「ごはんよー。今日は焼き魚ー。なんと、微笑町近郊の海でとれた魚よー」


マルぼん「いただきますー」


ヒロシ「なぁ、マルぼん。この前の機密道具だけどさ」


マルぼん「機密道具? ああ、『夢をかなえロウ』のことか」


『夢をかなえロウ』は、ロウソクのような機密道具。このロウソクに火をつけて、ロウソクが溶けきるまでの間、ひたすらに『夢よかなえ。夢よかなえ』と念じれば、必ず願いがかないます。なんらかの形でかないます。


ヒロシ「役に立たなかったね。僕の夢はかなわなかったよ」


マルぼん「願う心が足りなかったんだよ。願う心が強ければ強いほど、より分かりやすい形で願いがかなう。願い心が足りなければ、分かりにくい形で願いがかなうの。でも、かならず願いはかなうから、安心しろよ」


ヒロシ「本当かね。全然手に入る気配がないよ、アイドルの闇市コメコの手作りチョコ。バレンタインもとっくにすぎたし」


マルぼん「キミの願いは、『カケラでもいいから、アイドルの闇市コメコが作ったチョコレートを食べたい』だったね」


ヒロシ「おや?」


マルぼん「どうしたんだい?」


ヒロシ「この魚ね、なんか、一瞬味が変わったんだ。ほろ苦いような、甘いような、そんな味」

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。