■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「世紀の恋人・ルナちゃん~赤の章~」の巻
ヒロシ「ルナちゃんが、なんかアリを踏み潰して喜んでいた! 笑ってた! 僕には見せたことのないような笑顔になってた! 心臓とまれ!」


マルぼん「好きな人が自分の理想とちがう人物像だと、異様にむかつくね」


ヒロシ「ルナちゃんを僕の理想の恋人にできる機密道具をだして~!!」


マルぼん「『洗脳睡眠学習セット』。この睡眠学習セットを眠っている人に使用すると簡単に洗脳できる。付属の入力機を使用すれば、どのように洗脳するかを自由に決定できるんだ」


 マルぼんとヒロシは『洗脳睡眠学習セット』に「理想の恋人」と入力すると、ルナちゃんの部屋と忍び込みました。眠っているルナちゃんの脳に、『洗脳睡眠学習セット』を繋ぎ、スイッチオン。


 そのままルナちゃんが目覚めるのを待ちます。


ルナちゃん「う~んむにゃむにゃ」


ヒロシ「あ、ルナちゃんが起きた!」


ルナちゃん「あら、ヒロシさんにマルちゃん。ねえ、町役場へ行かない?」


マルぼん「なんで」


ルナちゃん「微笑町の貧富の差は、年々広がっているの。なぜだと思う? すべては行政の怠慢のせい!」


ルナちゃん「すべての人がその人にもっとも適した職業に就き、同じだけの収入を得ることができる、すばらしい理想の社会を築くためには、腐りきった行政を叩き潰すしかないの! 潰せ!! 潰せ!! 潰せー!!! 立ち上がれ、同志よー!! 」


 叫びながら広報誌(なんか行政の悪口満載)をつくり始めるルナちゃん。マルぼんが『洗脳睡眠学習セット』を確認すると、『理想の恋人』ではなく『理想が恋人』と誤入力されていました。


ヒロシ「ルナちゃん、はい、角材! はい、火炎瓶製作キット! はい、警察にマークされにくアパートの部屋の鍵! はい、ひそかに後援してくれる病院の住所が書かれた紙!」


 なんか速攻で洗脳されているヒロシ。マルぼんは『洗脳睡眠学習セット』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。