■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「恨めしいなんて流行おくれ」の巻
金歯「幽霊なんているハズないでおじゃるよ。この文明社会でなにを言っているんでおじゃるかね、ヒロシは」


ヒロシ「幽霊はいるよ! たとえばこのCD。よく聞くと、かすれた女の声で『ヒロシおにいちゃん、だーいすき』って入っている!」


金歯「妄想でおじゃる」


ヒロシ「妄想ちがう! 妄想ちがうー!」


金歯「はいはい(笑)」





ヒロシ「ということがあったんだ。幽霊の実在を証明できる機密道具をだして!!」


マルぼん「うぃーす。『なんでも召喚マシーン』。こいつは実在するものから、実在しないかもしれないものまで、なんだって召喚できる機密道具さー。こいつで幽霊を召喚しませう」


金歯「くだらないことをやっているでおじゃるね」


ヒロシ「金歯…! 貴様、人の家に勝手に上がりこんで!!」


金歯「気にしない気にしないひとやすみひとやすみ」


 そして『なんでも召喚マシーン』のスイッチを入れて、幽霊の召喚をはじめて3時間…


金歯「やはり幽霊なんていないでおじゃるね」


ヒロシ「畜生…って、携帯に電話だ。ちょっと待ってね。ええっと、ナウマン象からか。もしもし…………ええ!?」


マルぼん「どうした?」


ヒロシ「マルぼん、ちょっと、部屋の外へ」


マルぼん「なんだよう」


ヒロシ「あの、ね。金歯が、対立する貴族の運転する牛車にはねられて亡くなったって。3時間前に」


マルぼん「……」


 部屋で幽霊を待つ金歯を見て、マルぼんは『なんでも召喚マシーン』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad