■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「とくになし」の巻
 ヒロシが北朝鮮の核施設にダイナマイトを抱えて突撃し、警備員によって射殺されました。
享年10歳。


「だいたい人類ってのは、なんでもかんでもすぐに捨ててゴミ扱い。バカじゃないのバカじゃないの。限りある資源をどう思っているの」


 常々そんなことを言っていたヒロシは「僕、今シャアみたいじゃない?」とか言って人類に絶望し、北朝鮮の核施設で爆発して色々しようと考えていたのです。


 その最中の、死。


 マルぼんは亡きヒロシの思いを叶えるべく、動き始めました。


「アクラッツTD」この薬を服用すると、醜いもの悪いものが美しいもの善いものに見えるようになります。醜ければ醜いほど美しく、悪ければ悪いほど善いものに見えます。


 マルぼんは「アクラッツTD」を大量に購入し、ダムに投入しました。


 町の住人に「アクラッツTD」の効果が出始めました。ゴミを漁る隣のおばさん。新車を自分でボロボロにぶっこわして悦に浸っている隣のおじさん。


ヒロシ「まさに理想郷だね」


 生き返ったヒロシも大喜び。


ヒロシ「この調子で世界中に革命をおこそう…俺たちが理想だ!!」


 敬礼ポーズをキめたヒロシに、麻袋を持ったナウマン象が襲いかかったのは
その直後でした。


ナウマン象「ヒロシかわいいよ、かわいいよ…」


 麻袋にヒロシを詰め込み、逃げていくナウマン象。マルぼん「そうか。『アクラッツTD』の効果で、醜いヒロシがかわいく見えているんだな」


金歯「あ、美しい生き物発見!!」


マルぼん「え?」


金歯「マルぼんは美しいでおじゃるな。その美しさ、永遠のものとしたい…」


 マルぼんは、金歯の配下の黒服によって金歯リムジンに押し込められました。


金歯「腕のいい剥製職人が、うちにいるのでおじゃるよ」


 君たち、金歯家専用美術館で、僕と握手!
 
スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。