■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
ヒロシの仲間たち18 中村さんちの未亡人
 微笑町3丁目に住んでいる中村さんの奥さん。夫である中村さんが亡くなった後、哀しみという名の色気を身に着けたことで、男どもの目を引き付けるようになった。その後、「こち亀」で両津の珍商売が成功したとき並の勢いで、フィギュア化、ゲーム化、アニメ化、映画化、実写ドラマ化されて、巷の話題をかっさらう。


 NHKでも特集が組まれるなどして大いに話題になったが、ある日、中村夫人の知人だというネクロマンサーのA氏が週刊誌で「自分は中村さんの夫をゾンビとして生き返らせた」と告白し、翌日には記者会見を開いた。A氏によると、数年前に知人を通じて知り合った中村夫人から、「近々、夫が死ぬので、ゾンビとして生き返らせてほしい」と頼まれたという。軽い気持ちで引き受けたものの、いつの間にか、中村夫人が世紀の未亡人として扱われていることに罪悪感を覚え、告白に至ったという。


 週刊誌が中村夫人を追及したところ、彼女は事実を認めた。墓の下に隠れていた中村氏も姿を現し、「自分は未亡人萌えで、是非とも妻に未亡人属性を持ってもらいたかった。色々考えて、自分が一度死んでゾンビ化して蘇れば、妻が未亡人属性をもてるのではと思いついた」と真相を明らかにし、「正直、こんなにブームになるとは思わなかった。反省しています。これから成仏します」と反省の色をみせた。


 

主な登場回……第69話「彼女が喪服に着替えたら!」、第70話「故人授業は斎場で」、第77話「やつらの足音が聞こえた!」

 


 


 
スポンサーサイト


キャラクター図鑑 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad