■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「私はやってない! 潔白だー」の巻
ヒロシ「なんだと!? どこの馬の骨ともわからないひげ親父の毛(どこの毛かは、秘密。知りたい方、作者までメールを)に入った水を『聖水だ!!』と飲み干し、なおかつ一万五千円で売りつけてくる女が何を言う!!」


ルナちゃん「キー!! あたいのことはともかく、偉大なる尊師の悪口まで言うなんて!! 死んでからまた死ね!! 来世はうじむしになあれっ」


 以上のようなカンジでルナちゃんと喧嘩したらしいヒロシ。なんだかとてつもなく、おちこんでいます。


ヒロシ「よく考えたら、僕の交友関係にいる女性は(お母さんを除いて)ルナちゃんくらいだ。ルナちゃんと絶縁したら、僕は一生(お母さん以外の)女性と話す機会がないかもしれない…へ、ウへへ…死のう」


マルぼん「待て待て。『今の旦那が怒るので息子捨てます』みたいなお手軽感覚で、地球よりヘビーとされる命を捨てようとするな。いい機密道具があるからさ。はい『復縁筆』」


『復縁筆』は鉛筆の機密道具。まずこ適当な紙にこの鉛筆で自分の名前を書きます。同じ紙に、復縁したい人の名前を書きます。すると、ウソみたいに復縁できてしまうのです。


 さっそく紙に『大沼ヒロシ』と『羽柴ルナちゃん』と書くヒロシ。書いた直後、ルナちゃんから電話がかかってきました。


ヒロシ「え、ホント!? うん…うん。あ、ありがとう。うん。うん。うん!! それじゃあね!!」


マルぼん「どうだった?」


ヒロシ「上納金230万円を納めたら口をきいてくれるって。さらに30万円納めたら、一緒に下校してくれるって! ありがとうマルぼん。『復縁筆』最高ー!!」


 ルナちゃんとの和解費用計260万円を用意した(ルナちゃんの紹介してくれた消費者金融で借りた)をヒロシは、
なぜかさえない顔。


ヒロシ「実はね、他にも和解してほしい人がいるんだ」


マルぼん「へえ。いったい誰?」


 ヒロシは『復縁筆』で「ヒロシのおかあさん」「ヒロシのおとうさん」と
書きました。


マルぼん「ヒロシくん…」


ヒロシ「へへ…父兄参観も近いし、ね」


 しばらくすると、1人の男性がママさんを訪ねてきました。


男性は、ヒロシがかつて『父』と呼んだ男でした。

ママさん「タカヒロ…」

タカヒロ「許してくれるなら…やり直さないか」

ママさん「もう…馬鹿なんだから」

 ひしと抱き合う2人。こうしてヒロシに『父』が戻ってきました。




 しばらくすると、1人の男性がママさんを訪ねてきました。



男性は、ヒロシがかつて『パパ』と呼んだ男でした。

ママさん「マサヒロ…」

マサヒロ「許してくれるなら…やり直さないか」

ママさん「もう…馬鹿なんだから」

 ひしと抱き合う2人。こうしてヒロシに『パパ』が戻ってきました。




 しばらくすると、1人の男性がママさんを訪ねてきました。



男性は、ヒロシがかつて『父上』と呼んだ男でした。

ママさん「イエミツ…」

タカヒロ「許してくれるなら…やり直さないでござるか」

ママさん「もう…馬鹿なんだから」

 ひしと抱き合う2人。こうしてヒロシに『父上』が戻ってきました。



 しばらくすると、1人の男性がママさんを訪ねてきました。



男性は、ヒロシがかつて『ダディ』と呼んだ男でした。

ママさん「ヒロミ…」

ヒロミ「許してくれるなら…やり直さないか」

ママさん「もう…馬鹿なんだから」

 ひしと抱き合う2人。こうしてヒロシに『ダディ』が戻ってきました。




 しばらくすると、1人の男性がママさんを訪ねてきました。



男性は、ヒロシがかつて『お父様』と呼んだ男でした。

ママさん「ジェファーソン…」

ジェファーソン「許シテクレルナラ…ヤリ直サナイカ」

ママさん「もう…馬鹿なんだから」

 ひしと抱き合う2人。こうしてヒロシに『お父様』が戻ってきました。




 しばらくすると、1人の男性がママさんを訪ねてきました。



男性は、ヒロシがかつて

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。