■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「翼をくだせえ」の巻
 ナウマン象が最近、部屋に篭もりがちになっているそうで、ナウマン象の嫁から、「運動不足の息子をなんとかしてやってくれ」という依頼が、マルぼんにありました。


ヒロシ「よい手段はあるのかい?」


マルぼん「こいつを使用しようと思うんだ。機密道具『強制お散歩シューズ』こいつを履くと、強制的に十キロ歩かされる」


ヒロシ「それしかないね」


 マルぼんは「森蘭丸似の美少年がナウマン象にあげるって言ってた」と偽って、『強制お散歩シューズ』をナウマン象にプレゼントしました。


『強制お散歩シューズ』の効果は絶大です。必ずや、ナウマン象は部屋から飛び出すでしょう。


               
 ※ 




 マルぼんとヒロシの社会のゴミタッグが、なんか俺に靴をプレゼントしてきた。


 すぐさま「ろくでもない道具だ」と察知した俺は、速攻で靴を捨てた。


 まったく、手間を取らせる連中だ。俺はいま、金歯から奪った「摂取すると気持ちよくなる薬」を使うので忙しいのに。


「はぁ~」


 薬を体内に入れると、恐ろしいほどの快楽が、俺の体を包んでいった。飛んでいる。空を自由に飛んでいるかのような、素晴らしい快感。


「やはりこの瞬間は最高だ」とか思っていると、俺は右腕に無数の虫が止まっているのに気がついた。


「虫…うわ! うわ!」


 俺は部屋を飛び出し、下の部屋にいる嫁に助けを求めた。


「虫が腕にたくさん・・・殺虫剤をだしてくれ!」


「なに言っているのさ。虫なんて、どこにもいやしないよ」


「そんなバカな」


『そうさ。お前はバカさ、ナウマン象』


「ひ! 誰の声!?」


「声なんてしないわよ?」


「バカな! バカなバカな! たしかに男の声が」


『お前を殺すぞナウマン象、お前を殺すぞナウマン象』
「た、たすけてくれ!」


「どこへ行く気!」


 俺は家から飛び出し、裸足のまま駆け出していた。


『お前を殺すぞナウマン象、お前を殺すぞナウマン象』


「ひぃ!」


 どんなに早く走っても、無数の虫と、声は俺を追いかけてきた。俺はただひたすらに、走り続けた。



                 
 ※ 





ヒロシ「ナウマン象、別人のみたいにやせていたよ。目の下にクマまでこさえてた。ありゃ、相当運動しているね。すごいや、『強制お散歩シューズ』」


マルぼん「だろ? 『強制お散歩シューズ』の効果は絶大なのさ」

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。