■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「火事と葬式と私」の巻
パパさん「釣りに行ってきたぞー。大量だ、大量!」


ヒロシ「うわー魚が腐るほどあるよー」


マルぼん「食べきれないし、腐るのは時間の問題だね。無益な殺生をしたね。はい、来世はうじむしー。けってーい」


パパさん「腐っても食べろよ、魚。食べなら、このホコリの塊を食わす」


ヒロシ「ひょえー! これはこまったことになったぞ、とりあえず、調理して食べねば」


マルぼん「『速攻干物マシン』。このマシンに魚をぶちこむと、光の速さでその魚は干物になる。そしておいしくいただける。どんな魚でも干物にすることも、可能」


ヒロシ「とりあえず、パパンが買ってきた魚をどんどんマシンにぶちこもう!」


 マシンに魚をぶちこむマルぼんとヒロシですが。


ヒロシ「くせえ! もんのすごい悪臭がする!」


マルぼん「多種多様な魚を大量に、しかも同時にぶちこんでしまったからだ!」


ヒロシ「とりあえず、マシンを止めませう!」


 マシンを止めたものの、悪臭は止まりません。止まる気配すらありませぬ。完全に臭いが消えたのは、翌日の朝でした。朝。近所のどぶでは、ザリガニが大量に死んでいました。あとフナとか。


町内会長「悪いけど、大沼さん。あんな臭いにおいを撒き散らす人には、町にいてほしくないんですわ。町のみんなもそう言っています。悪いけんども……でていってくれへんか? なに、でていくにもアテがない? なら仕方がありまへんけど、あなた方は町民とはみなさないので、そこのところ、理解しといてや」


スーパーの店員「いらっしゃい、ってなんだ。大沼んとこの餓鬼か。大沼の人間にはなにも売れねえよ。帰れ」


警察官「異臭撒き散らしに大沼んとこの餓鬼か。帰れ。今度外を歩いているところを見たら、本官が撃ち殺してしまいますよ?」


 こうして、異臭を撒き散らした大沼家は微笑町で干されてしまいました。マルぼんは、大沼家まで干物にしてしまった『速攻干物マシン』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。