■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「武器よタラバ」の巻
ナウマン象「ネットオークションで青龍刀を落札したぞ! おい、ためしに斬らせろ」


ヒロシ「わぁ、ろくでなし!」


マルぼん「『ブキヨタラバ』~」テッテテー


ナウマン象「なんだ、たんなるタラバ蟹じゃねえか。そんなもの、俺と俺の青龍刀にかかりゃあ」


 チョッキン。『ブキヨタラバ』は、光の速さで、青龍刀を持つナウマン象の手を切り落としてしまいました。


ナウマン象「なー!!」


マルぼん「『ブキヨタラバ』は、武器に反応し、武器を持つ手などを切断してしまう蟹なんだ」


ヒロシ「すごいや。すごいや。よし、動けないナウマン象を必殺の蹴りで痛めつけてやるぞ」


チョッキン。


ヒロシ「きゃー! 僕の白魚のような足首がー」


マルぼん「ばかものっ。足を武器にするからだよ!」


金歯「くくく。ざまあみろでおじゃる」


マルぼん「金歯じゃないか!」


金歯「くくく。全ては、母の敵であるナウマン象とヒロシを葬るため、朕の仕組んだ罠……」


マルぼん「な、なんだってー!? それじゃあ、あの時『ブキヨタラバ』をマルぼんに売りつけたのも、ナウマン象に青龍刀を落札するように薦めたのも、ヒロシの蹴りの強化特訓に付き合ったってあげたのも」


金歯「朕でおじゃる! 朕には武器など必要ない! 武器等なくても、バカを簡単に葬ることができる! まぁ、強いて言うなら、朕のこの頭脳こそ、最大の武器で……」


 チョッキン。
スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。