■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「裏切りものの名を受けて」の巻
 ヒロシ「む。あそこでなにやら話をしている2人組がいるぞ。なにを話しているか気になるな。なんとか聞くことはできないかな」


マルぼん「『ヘルズ・イヤホン』。このイヤホンを付けると、地獄耳になり、人様の秘密の会話なんかも聞き取ることができるんさ」


ヒロシ「おう。そいつはナイスな機密道具。さっそく装着して」


マルぼん「ああ、残念。話が終わったらしく、2人組は離れてしまったよ」


ヒロシ「聞こえた!」


マルぼん「はい?」


ヒロシ「ほら、2人組がいたところから10mくらいさきのところ。ルナちゃんと金歯がなんか話しているだろ。それが聞こえた。やつら、やつら僕の悪口を言っているんだ」


マルぼん「そうかなぁ。なんか普通に話しているだけに見えるけど。『ヘルズ・イヤホン』では、あんな遠くの会話は聞き取れないよ」


ヒロシ「僕は地獄耳になったんだぞ。間違えなく聞こえたの! あ!」


マルぼん「どうした」


ヒロシ「あそこの公衆電話を使っている男、僕の悪口を家族に伝えているぞ。僕の地獄耳がたしかに聞き取った」


マルぼん「おい」


ヒロシ「あの女も、その男も、みんな僕の悪口を言っている。『なにあのきもい小学生』『なにあのきもい生き物』とか言っているに違いない。心にはそう聞こえたんだ。わかる、わかるぞ! 子犬も笑ってる。お日様も笑っている。僕を見て笑っている! あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ。おのれ人間どもめー。おのれ人間どもめーあひゃひゃひゃひゃ。マルぼんありがとう、地獄耳になれたおかげで、人間の醜さがわかったよ」


マルぼん「それ、地獄耳じゃなくて被害妄想な」
スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。