■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「思い出の雪だるま」の巻
 諸事情で、今月500円で暮らすハメになったマルぼんとヒロシ。


ヒロシ「500円だと明らかに無理だから、なんとかして増やさないと。株? 株しかないのか?」


マルぼん「株よりもイかす方法があるよ。ほら、このビニール袋に500円玉を入れてみな」


ヒロシ「なんか…ガスが充満していますよ、このビニール袋」


マルぼん「このガスは『雪だるま式ガス』。よし。500円玉を入れたね」


 待つこと数時間。


マルぼん「ガスは十分染み渡ったようだね。あ、ちょうど家の外をナウマン象が歩いている。おい、ナウマン象500円あげる」


ナウマン象「かね…かねー!! おかねやー!!」


ヒロシ「な、なにすんだよ!」


マルぼん「ま、数時間たてばわかるよー」


 数時間後。血だらけのナウマン象がやってきました。


ナウマン象「これを頼む……」


 アタッシュケースをヒロシに渡すと息絶えるナウマン象。ケースの中身は札束! 血だらけの札束!


マルぼん「『雪だるま式ガス』を浴びたモノを適当に放流すると、戻ってきた時、そのモノは雪だるま式に膨れ上がっているンだ」


ヒロシ「な、なるほど。しかしすっごい額のお金! 一生遊んで暮らせるね!」


見知らぬ人たち「ヒロシ! ヒロシ!」


見知らぬ人たち「親戚のジェニファーよ。覚えている?」


ヒロシ「親戚の数まで膨れ上がっちまったみたいだ!」


マルぼん「なんかウザいし、逃げるか!」


ヒロシ「表に車を用意してあるよ」


 車に乗り込むマルぼんとヒロシ。車を急発進させ、親戚連中をまこうとしたのですが。


マルぼん「スピード出しすぎですぞ!? あ、パトカー!!」


ヒロシ「パトカーを振り切る!」


 しかし所詮は小学生。車はどこぞのコンビニに突っ込んでしまいました。


ヒロシ「こいつはまだ生きとるですたい!」


 車を再び発進させるヒロシ。


ルナちゃん「ぎゃー!!」


マルぼん「ルナちゃんをはねたぞ!? 逝ったぞ! 死んだぞ!! 息絶えたぞ!!!」


ヒロシ「お払いに行くから大丈夫」


マルぼん「パトカー増えているし!! あ、前!! 金歯が歩いている!!」


金歯「ぎゃー!! ははうえー!!」


ヒロシ「はいはい合掌合掌」


マルぼん「パトカーの数が。数が!! さらに増えている」


ヒロシ「そこに拳銃が入っているから威嚇射撃を!」


マルぼん「ごめんなさいごめんなさい」


 ズギューンズキューン。弾が命中してせいでスリップし、横転するパトカー。横転したパトカーに後続のパトカーがぶつかって、爆発。炎上。


ヒロシ「弾が切れたなら、そこに火炎瓶用意してるから使いな」
 

 膨れ上がっていく、罪の数。マルぼんは、『雪だるま式ガス』の効果は絶大だと思いました。泣きながら。

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。