■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「おふくろさん」の巻
マルぼん「おや、ヒロシ。買い物かい? 買い物ならば、よい機密道具があるよ。未来の世界で『主婦が選んだベスト機密道具』に選ばれた逸品さ。『割引腕輪』。この腕輪をつけた状態で袋を持参して買い物に行くと、レジで買ったものをその袋の入れてもらえる。で、袋代の5円を割引してもらえるんだ」


ヒロシ「ふん。僕はそんなみみっちい機密道具はいらないな」


マルぼん「いいから着けていけよ」


ヒロシ「わかったよ。でも、袋は持っていかないよ」


マルぼん「お守り代わりだよ、お守り」


ヒロシ「それじゃ、行ってくるね。一週間後には帰ってくるから」


 そんなわけで、ヒロシは『割引腕輪』を装着して買い物へ。買い物の場所は、海外です。


黒服「いらっしゃい。約束の金は持ってきましたか」


ヒロシ「こちらに。約束の500万円ですですから早く、例のものを……」


黒服「たしかに。はい、これはおつりの5円です」


ヒロシ「え。こ、これはもしや『割引腕輪』の効果!? 僕、袋なんて持参していませんよ!?」


黒服「すばらしい袋をお持ちではないですか。さぁ、さっそく商品を袋に入れましょう」


ヒロシ「ちょ、ちょ…うごっ」





ニュース『続いてのニュースです。コカインの入った袋を大量に飲み込み、胃袋に隠して国内に持ち込もうとした少年が税関で逮捕されました』
スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。