■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「恋しくて5月」の巻
 微笑町出身の女演歌歌手・山田メイド服さん(38歳)が亡くなりました。
先輩演歌歌手で、歌謡界で絶大な権力をもっているサブ島ノース郎氏に謀反を起こそうとして、
返り討ちになったのです。サブ島氏は、メイド服さんにとって特別な人でした。時には師匠、時には親代わり、
時には恋人。なぜ謀反を起こそうとしたかは、歴史の闇だけが知っています。


 メイド服さんと親交のあった歌手数人が、彼女の曲をカバーしたアルバムを発表しました。その歌手の中には、我らが金歯の姿も。


ヒロシ「金だ! 金の力だ! あの薄汚い金歯は、薄汚い金の力で、メイド服さんのカバーアルバムに参加しやがった!」



マルぼん「そう」


ヒロシ「ボクも誰かのカバーアルバムとかに参加したいよ。アルバムじゃなくてもいい! なんでもいい、カバーしたい!」


マルぼん「そうだな。それならこういう機密道具がある。これは…『ボラシニコフの淡い涙』という機密道具で」



黒服「おい、大沼。時間やで」


ヒロシ「え、もうですか」


黒服「そうや。さっさときて、さっさと働いて、さっさと金をかえさんかい」


ヒロシ「うう。体調が悪くなるからいやなんだよな」


 黒服はヒロシをつれて出て行きました。ヒロシを保証人にして借金を残したルナちゃんが姿を消したため、いまからヒロシはバイトで町内にある発電所内部の掃除です。防護服をつけていると入ることのできない、小さな隙間を徹底的に掃除するのが主な内容です。これなら、一年ほどで借金を完済できるそうです。


 すでにヒロシは、ルナちゃんの人生をカバーしていました。マルぼんは、出してもいないのに力を発揮していた
『ボラシニコフの淡い涙』の効果は絶大だと思いました。


スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。