■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「やったね! 定時帰宅~夢だった幻だった~」の巻
ヒロシ「国語の宿題は、えっと…『諺を盛り込んだお話を1本作れ』だって」


マルぼん「『幼馴染とツンデレの2人のヒロインにかまかけていたら、2人両方にフられて、男友達とラーメンを喰いに行くエンディング。これがほんとの「二兎追うものは一兎も得ず」』。こんなカンジか」


ヒロシ「たぶんおそらくそういう感じだけど、小学校の宿題に、幼馴染とかツンデレとか単語を盛り込むのはいかがなものかと」


マルぼん「ここに、この間使った『ことわざ再現機』がある。これを使って現実に、諺のようなことをおこして、それを参考に
物語を創作すればいい」


ヒロシ「よし。この『ことわざ読本』から適当な諺をひとつ選んで、再現機に入力してみよう。ど・れ・に・し・よ・う・かな」


マルぼん「まった。この『ことわざ再現機』は新型で、ことわざの本を中にぶち込むことで、その本に乗っている
ことわざからランダムでひとつを選んで、再現してくれる機能があるんだ。ランダムのほうが面白くないか?」


「そりゃそうだ」というヒロシの同意を得たので、マルぼんは『ことわざ読本』を『ことわざ再現機』にぶち込みました。そして小一時間。


ヒロシ「なにもおこらないなぁ」


 ため息をつくヒロシ。ちょうどその時、ヒロシの口の間を飛んだハエが、
ポトリと落ちました。


ヒロシ「ハエが死んだ」


 死というものに特別な感情を持っている(死の瞬間を間近に見るとその晩は眠れないほど気分が高揚する、など)ヒロシは興奮して、息を荒げました。その途端、マルぼんの手持ちのガイガーカウンターが、ものすごい量の放射能を計測した後、大破しました。


 ヒロシの部屋のあらゆるものが腐りだし、空を飛んでいた鳥は落ち、草木は枯れ、道を行く通行人たちは血を吐いて果てていきました。放射能以外にも色々もれているようです。ヒロシの口から。


 放射能以外にも、ヒロシの口から色々なものがでてきます。覚せい剤の詰まったトランク、拳銃、国と国との間の微妙な国境線、亡命してきた人、作るつもりはなかった赤ちゃん、引き取る羽目になった徘徊するお年寄り、他多数…


 マルぼんは体を引きずって、『ことわざ再現機』のモニターを確認しました。このモニターには、再現していることわざが表示されます。


『口は災いの元』


マルぼん「なるほど!」


ヒロシ「誤用じゃねえか!」


マルぼん「ご容赦を!」


 マルぼんは『ことわざ再現機』の効果に疑問を覚えました。


スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。