■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「収納名人」の巻
マルぼん「火事だ!」


ヒロシ「脱出口は!?」


マルぼん「えっと。たしかこちら」


ヒロシ「げええ!? 散らかりすぎてどこかわからないー!!」


 炎に包まれ、その生涯を終えるマルぼんたちでした。そして、物語の舞台は来世に。


マルぼん「まぁ、前世の敗因は、あまりにも片付いていないヒロシの部屋なわけだな。なんとかせなあかんな」


ヒロシ「僕、収納の才能とかないもーん。収納がうまくなる機密道具だしてよー」


マルぼん「『収脳』。この脳を自分の脳と入れ替えたら、めちゃ収納が上手くなる」


ヒロシ「入れ替えるって。今、入れ替えるってどうやって」


マルぼん「手術をはじめよう」


ヒロシ「医師免許みせてよ! いしめん…ぎゃー!!」



 しばらく後。


ヒロシ「これはここ、それはそこ…ものすごい! どれをどこにしまったらいいのか、嘘みたいに理解できる!!」


マルぼん「『収脳』の効果は絶大だろ」


ヒロシ「え、あなたはどちら…?」


マルぼん「その代わり、脳入れ替えの弊害で、日常生活の支障がでるけどな」


ヒロシ「私は誰なんです。なぜ生きているのですか。なぜ収納が得意なのですか。なんのために生まれたのですか」


 こうして収納の達人という新しい人生を送ることになった、僕らのヒロシくん。よせばいいのに、人様の家をきちんと片付ける『片付け屋』なんて商売を始めてしまいました。


ヒロシ「収納名人の者です! どんなものでもきちんと片付けますよ。片付けてみせますよ」


ヤクザ「兄ちゃん、ほんまかい」


ヤクザ2「じゃあ、こいつを片付けてください」


ヒロシ「男の人の写真…」


ヤクザ2「この写真の男を片付けてください。絶命的な意味で」


ヤクザ「自分らでやるのしんどくてな!」


ヒロシ「無理です」


ヤクザ2「そうですか」


ヤクザ「仕方ない。自分らでやろう。と、その前に。知らせたらあかんことをようさん、教えてもうたからな」


ヤクザ2「車に乗ってください、収納名人さん。港へ行きましょう」


 で


ヤクザ「あーコンクリ練るの、しんどいわ」


ヤクザ2「兄貴」


ヤクザ「どうした? 収納名人がゾンビとしてよみがえったとか、なしやで」


ヤクザ2「やっぱこいつが収納名人ってのは本当ですわ。こいつの入っているドラム缶、適当に拾ってきたやつなんですけど」


ヤクザ「ほう」


ヤクザ2「こいつの体とちょうど同じ。同サイズで、ぴったり入りますよ」

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。