■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「おのれ6月め、おぼえておれ」の巻
「おもしろい人になれる道具だせよ」とヒロシ。なんでも、クラスで一番ひょうきんなヤツが最近大人気だそうで、そいつみたいになりたいのだそうです。


「そんなに皆に笑われたいのなら」と思ったマルぼんは、みらいのせかいの伝説的コメディアンの爪のアカを元に作られた『ワラ式E型カプセル』を渡す事にしました。このカプセルを飲んだ人は笑える人間になれます。もちろん、飲めば飲むほど効果絶大。


「いいものあるじゃないか」と、ヒロシは早速『ワラ式E型カプセル』を飲もうとしたのですが、ふいにその手を止めてしまいました。


ヒロシ「いままで、みらいのせかいの薬を一度に飲んで、散々エラい目にあってきたからね。最初は少しだけしか飲まないことにする」


 上手にふたつに分けたカプセルの片方飲むヒロシ。


ヒロシ「これで僕は適度に笑われる人間になったハズ。ね、マルぼん」


 なぜでしょう。マルぼんにはそんなヒロシがとても愚かに見えました。なんだか哀れみさえ覚えるくらいです。


ヒロシ「なんだよ。なんでそんな慈愛に満ちた目で僕を見るんだよ、マルぼん!」


 必死。必死。ああ必死。ヒロシったら、とっても必死。ウフフ。


ヒロシ「おい、いま笑ったろ! 僕を見て、笑ったろ!」


 ウフフ。ウフウフ。滑稽。滑稽。ああ滑稽。ヒロシったら、とっても滑稽。とまらないマルぼんの薄ら笑い。
『ワラ式E型カプセル』の効果で、ヒロシは鼻先で笑われる人間になったのです。


「やっぱり薬は適量を飲まなきゃダメだよね」。『ワラ式E型カプセル』をスズメの涙程度しか飲まなかったヒロシは、
鼻先で笑われる人間となってしまい大反省。今度は指定された量をきちんと飲んだのでした。


 その結果、ヒロシは西で「犬が居ぬ」と言えばゲリラの爆笑を誘い、東で「馬は美味い」と言えば死刑囚の爆笑を誘い、
北で「猫が寝込んだ」と言えば老人ホームで死を待つのみのお年よりの爆笑を誘い、南で「鳥がトリをつとめる」と言えば葬式会場を爆笑の渦に巻き込んでしまう人間となったのです。


ヒロシ「僕は世界で一番笑いを取れる人間になりたい」

 人々の笑顔がなにかを変えてしまったのでしょうか。突然そんなことを言い出すヒロシ。『ワラ式E型カプセル』を大量に取り出すと、それを一気に飲んでしまったのです。


ヒロシ「どう!? 僕は笑える人間になったろ、マルぼん!」

 なぜでしょう。ヒロシがそう言った瞬間、マルぼんは笑いが止まらなくなってしましました。


ヒロシ「え? 僕はべつにギャグなんて言ってない…」

 プッ…フ、ハハハハハハハハハハハハハハッおもしろい! ヒロシはおもしろい!


ヒロシ「笑うなよ! 大声で笑うなよっ! 僕はなにもしていないぞっ!」

いたたまれなくなったのか外へと飛び出すヒロシ。その姿は最高におもしろく、笑いすぎたマルぼんの腹はそれはもう、オニのような激痛に襲われました。「あ、ヒロシだ。ギャハハ!」「プッ。ヒロシが走っている!」外からそんな声が聞こえてきました。


「ハハハ。ヒロシのヤツ、息をしているよ。」


「ヒロシくん生きてるわ。ウフフフ」


「ヒロシは今年で11歳? ププッ!」


『ワラ式E型カプセル』の効果は「おもしろい人間になる」ではなく「笑われる人間になる」です。『ワラ式E型カプセル』を大量に飲んだヒロシの一挙手一投足は人々の笑いを誘い、その存在はただそこにあるだけで人々の爆笑を誘うようになったのです。


 こうしてヒロシは世界で一番笑える人間になったのでした。あ、今、ヒロシの心臓が動いた。プッ。ププッ。ギャハハハハハハハハハハハハハハッ。

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。