■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ほんとのこーとさー」の巻
ヒロシ「なんで現実の女性は目が大きくないの? なんで現実の女性はアイドル声優みたいな声じゃないの? なんで現実の女性はアニメみたいじゃないの? 現実キライ現実キライ…」


マルぼん「安心しなよ。現実にもアニメみたいなところがたくさんある。ほら、あそこにいるおばあさん、アニメのキャラみたいに紫色の髪だぞ」


ヒロシ「あんな禍々しい色、ごめんこうむるよ。現実キライ現実ホロベ…」


マルぼん「いいかげん、現実と空想の区別をつけなよ」


ヒロシ「ごめんだね! 僕は一生、現実と空想の区別なんかつけないぞ!現実と空想の区別のつかないオトナになって老い、現実と空想の区別のつかない老人として死んでいくんだ!! そして、現実と空想の区別がつかなかった人間の遺骨になって、太平洋にばら撒かれるんだ!! その骨は魚たちのエサとなり、その魚は家庭の食卓へ(中略)とにかく、空想のなかでだけ、人は自由に空を飛ぶことができるんだ!! さぁ、現実と空想の区別のつかなくなる機密道具をだして!!」


マルぼん「そんな猛獣を野に放つような機密道具だせるか!!」


ヒロシ「現実の区別のつかない人間は、なんかしても刑務所じゃなくて病院へ収容されるんだぞ!!」


マルぼん「正直、その脅しはどうかと思う」


ヒロシ「現実地獄空想極楽。現実無残空想快楽。君臣豊楽国家安康。現実と空想の境界線をあやふやに! 是非ともあやふやに!!」


マルぼん「なんかむかついてきた。すごい勢いでむかついてきた。いいよ。わかったよ。
現実と空想の区別をつかなくしてやろうじゃない。で、貴様はどんな空想が好きなんだ。漫画か? アニメか? ゲームか? エロゲーか?」


ヒロシ「そうだなぁ。アニメ。アニメがいい」


マルぼん「よおし、わかった。はい『人生設計マッシーン』。こいつはどんな人の人生も好きなように設計することができる。
こいつで貴様の人生をアニメみたいな人生にしてやるよ! はい、設計完了!!」


ヒロシ「これで僕の人生はアニメみたいになったんだね。幼馴染が朝おこしにきて、モンスターと激闘して、巨大ロボットに乗って活躍するという人生がはじまるんだね!!」


 喜んでいたヒロシですが、しばらくすると壁の方をみつめ、青ざめた表情をうかべて悲鳴をあげました


ヒロシ「そこの壁のほうに、血だらけの女がいる。獲物を狙う獣のような目つきでこっちを見ている…!!」


マルぼん「ああ、本当だ。包丁とか握り締めているね」


ヒロシ「ひ!? 僕にむけて『いかに男がケダモノであるか』を語り始めた!! 聞きたくない!! 僕のピュアハートには重すぎる話だ!! あの女なにー?」


マルぼん「たぶん、オリジナルキャラだね、キミの人生の。ほら、アニメって原作にはいないオリジナルキャラが登場するじゃない。それと同じ。今までのキミの人生が原作だとすると、設計マッシーンでアニメ化している今のキミの人生にオリジナルキャラがいても不思議じゃない。」


ヒロシ「あんなオリキャラ、ごめんこうむるよ! あのね、アニメの『現実』の部分じゃなくて『夢』の部分を
…って、あれ、声が、なんか変。フォントかわってる? あれ? あれれ?



マルぼん「声優が代わったんだ。おそらく事務所で色々あったんだよ。よくあるよくある」


ヒロシ「ああ…なんか、体が、変。ボロボロに、ボロボロに…。動きもカクカクしてきた


マルぼん「作画が乱れることもよくあるよくある」


ヒロシ「あ、今、脳裏に過去の記憶が鮮明に浮かんでいる!? これは走馬灯…!?


マルぼん「いままでの総集編だね。よくあるよくある」


ヒロシ「う…なんか、気分が悪い。うう…うっ


 ヒロシが倒れると同時に、ママさんが部屋に入ってきました。その手には、ドクロマークが表示された小瓶が握られています。


ママさん「仕事、解雇されたの。貯金も底をついてしまったわ。おまけに交通事故を起こしてしまって、金が鬼のようにかかるの。もう、この先の人生になんの希望も持てない。ごめんね、ヒロちゃん。昼食に細工しちゃったの、色々と。でも安心して。ママもすぐに逝くからね」


 小瓶の中身に入っていた液体を一気飲みするママさん。


マルぼん「制作会社倒産で、途中打ち切り。よくあるよくある」



スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。