■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「ヒロシ、何処かで失くしたあいつのアイツ」の巻
ヒロシ「おおお」


マルぼん「どうしたんだよ、ヒロシ。横山光輝先生の漫画に出てくる武将みたいな泣きかたして」


ヒロシ「僕が数年かけて調べたルナちゃんのプライベート情報をまとめた秘密ダイアリーを、どこかに落としてしまったんだ。
あれさえあれば、ルナちゃん一家からいくらでもふんだくれるのに…」


マルぼん「そんなお宝を落とすなんて…君は本当に生きる価値がないね。しかたない。これを使おう。『リ炭』。この練炭を炊いて発生した煙を吸えば、落としたものが戻ってくる。どんな仕組みかは秘密だよ」


ヒロシ「さっそく炊いてみよう…おお! 秘密ダイアリーが戻ってきた! それだけじゃない。この前失くした財布も!!」


ママさん「げほげほ。なに、なんなの!? あ、練炭!! 死ぬ気!? 死ぬ気なの!? ばか、自殺じゃ保険金はおりへんねんで!!」


刑事「平林エカテリーネだな」


ママさん「!!」


ヒロシ「なにこの刑事。お母さんに向かって、エカテリーネだって。ママには大沼うどん子という立派な名前があるのに」


刑事「『大沼うどん子』は、この女が殺した女の名前だ。この女は、殺した相手になりすましたのさ。時効寸前…残念だったな」


ママさん…いや、エカテリーネ「トウトウ、バレテシマッタデスネ…アト…アト3カ月ダッタノ二」


ヒロシ「母さん!?」


マルぼん「ママさんが落とした過去が…戻ってきたんだ! 『リ炭』の効果は絶大!!」


スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad