■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「根性があればなんでもできるのか」の巻
ヒロシ「夏休みの宿題、カケラもやってねえ!!」


マルぼん「まだ8月に入ったばかりだし、死ぬ気でやればなんとかなるよ」


ヒロシ「死ぬ気にならないといけないなら、死ぬ」


マルぼん「根性を見せろよ!!」


ヒロシ「先生にこの身をまかせたら、宿題をやらなくても許してもらえるかな」


マルぼん「そんな犠牲を払うなら努力しろよ!!」


ヒロシ「努力ウゼー超ウゼー」


 この根性ナシを修正しなければ、おちおち帰省もできない。近所の未亡人の家に遊びに行くこともできない。そう思ったマルぼんは、みらいのせかいで根性ナシをシめるために使われているステーキを用意しました。


 このステーキは『フクツノト牛』という牛の肉を使用したステーキで、食べると不屈の闘志が身につくという健康食品です。


ヒロシ「肉うめえ。肉うめえ」


マルぼん「どうだ。なんか根性がついてきたろ」


ヒロシ「う…痛い…痛い…おなかが…!!」


 ヒロシは病院へ運ばれ、緊急手術となりました。


医師「う。すごい。腹の中が悪っぽい腫瘍だらけだ。こりゃ痛いはずだよ。すぐに切除しないと」


医師2「ゲゲェ!? 切ったそばから腫瘍が再生します」


医師「切っても切っても再生する!? なんだ、なんだこの腫瘍!!」


医師2「切ってもすぐに再生…なんて根性のある腫瘍だ。これじゃどんどん腹痛は激しくなるぞ」


医師「根性のある腹痛…これが本当の……」


「腹痛の闘志」


スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。