■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシ、女装にはまる」の段
ヒロシ「いにしえの時代から『かわいいは正義』というだろ。武家諸法度にも記述がある由緒ある考え方だ。己の正義を貫きたい僕としては、かわいいは見逃せない事柄なんだ。だから僕は、かわいいを目指して女装するよ」


マルぼん「そうか。がんばれよ」


ヒロシ「おまえもがんばれよ。そんなわけで、かわいいへの第一歩のため、すね毛の永久脱毛に行ってくるよ!」


 そう言って家を出たヒロシですが、微笑町と対立する薄笑町の、コンパスと肥溜と押しピンと部屋とYシャツと私と酒と涙と男と女と愛しさとせつなさと心強さを活用したテロに巻き込まれて、その障害を終えたのでした。


 幸いにもヒロシの臓器の大半は無傷だったので、病気で苦しんでいたある若い女の子に移植されました。なんでも体操かわいい女の子だそうで、今は元気に暮らしているそうです。


マルぼん「ある意味究極の女装だ。よかったな、ヒロシ」


スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。