■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシの楽勝人生」の巻
ヒロシ「人生見切った!!」


マルぼん「はいはい。夢をみるのは自由。妄想するのも自由。この大空に自由という名の翼を広げて飛んでいけ」


ヒロシ「本当に見切ったんだよ! だって、めちゃヌルいもん。今の人生」


マルぼん「ほう。なにか嫌なことがあると『なぜ生んだ! なぜ僕を生んだ!』と両親に暴力をふるう小心者が言うようになったね」


ヒロシ「この前、ママの弟にあたるおじさんが息を荒げて『おまえの本当の親父がどんなヤツがおしえてやるよ。今どこにいてなにをしているのかもな』と、子供にはちょっと重すぎるアウトロー人間の半生を語られてしまったんだよ。『僕にもそんな血が流れているのか』と、とてもヘコんだんだけど『今の人生は夢。本当の僕は眠っていて、幼馴染(女の子。面倒見がよく、料理が得意)が起こしに来ている』と思いこんだら、不思議と気が楽になったんだ。以来、つらいことがあると同じことを思い浮かべるようにした。そうしたら、もうヌルいヌルい。生きるかいのない人生になっちまったのさ」


マルぼん「そんなにヌルいのなら、難易度をあげてみてはいかかがな?」


 マルぼんは『脳とパソコンをつなげ、モニターで色々見れるようになるコード』をヒロシの頭にぶっさし、ノートパソコンにつなげました。モニターには『ヒロシの人生』という大きな文字。その下には『はじめから』『つづきから』『オプション』といういくつかの項目があり、マルぼんは『オプション』のところをクリックしました。


マルぼん「モニターにうつっているのがヒロシくんの人生のスタート画面。そしてこれがオプションさ」



ヒロシ「オプション!!」


マルぼん「難易度調整の他、サウンドテスト、登場人物事典、画面の明るさ調整、コントローラーの設定、エンディングムービーやスタッフロールや次回作予告編の鑑賞ができる。さぁ、さっそくキミの人生の難易度を『難しい』にしてやろう」


ヒロシ「すいません。『やさしい』にしてください」


マルぼん「というわけでキミの人生の難易度を『やさしい』にしたよ。ちなみに今までの難易度は『ふつう』」


ヒロシ「どこがどういうふうにやさしくなったの?」


マルぼん「『ふつう』のときに比べて、他の人のレベルが下がっているんだ。たとえばほら、あそこを見てみな」


ヒロシ「金歯がアタッシュケースにぎっしり詰まった札束を小動物のような瞳で眺めているね。温和な笑いなどうかべつつ」


金歯「このかみきれはなんだろういったいなんだろうたべものかなむしゃむしゃおいしいなおいしいなおいしいよこれうふふふあははははうふふふふあはははははは」


マルぼん「な。お金の使い方も分からないくらいレベルが下がっている」


ヒロシ「すげえや。これなら僕は神のごとき存在になれるぞ! よし、ナウマン象あたりをシめてこよう!!」


 外にとび出すヒロシ。そこにはなぜか車に乗っている金歯がいました。


金歯「あれれくるまのうんてんってどうやるんだっけわかんないやどうしたらいいんだろ
とりあえずこのぺだるをふんでみようそれぽちっとな」


ヒロシ「ぎゃー!! はーねーとーばーさーれーたっ!!!」


マルぼん「大変だ。色々な箇所があらぬ方向へまがっているぞ。救急車を!」


119番「ぶーぶーいまあそんでいるからでれないよーじぶんでびょういんへいこうねぶーぶーくるまのおもちゃであそぶのはさいこうだなーぶーぶー」


マルぼん「仕方ない、這いずっていこう、這いずって!」


ヒロシ「こういうときに機密道具だせよ…うう……ううう。そうこうしているうちに病院に到着…」


医者「しにかけさんがきたぞしゅじゅつだしゅじゅつだ」


医者B「めすだますいだてんてきだ」


医者C「めすってなにますいってなにてんてきってなに」


ヒロシ「うー…」


マルぼん「ヒロシの意識が! はやく治療を! 死んでしまいます!!」


医者D「しぬってなにいきるってなに」 




ヒロシ「次は難易度『むずかしい』にしようと思う」


マルぼん「ええ!? 『やさしい』ですらろくに生きることのできなかったキミが『むずかしい』人生を送るっての!? 『むずかしい』は周りの人々の能力も桁違いすごい上、『ふつう』だったら楽勝のこともかなり困難になるんだよ」


ヒロシ「かまわない。かまわないよ。周りが困難であればあるほど、それに立ち向かう自分は成長できるということじゃないか。僕は、成長したい。それから…」


マルぼん「それから…なに?」


ヒロシ「僕の人生のスタート画面に『はじめから』って項目があったろ。あれ、選択したら人生を最初からやり直すことができるんだろ」


マルぼん「…まさか、難易度を『むずかしい』にして人生をやり直すつもり?」


ヒロシ「…うん」


マルぼん「無茶だ…無茶すぎる! こういったらなんだけど、何のとりえもない君が、キミが…!」


ヒロシ「いや、マルぼん。僕にはとりえがある。それは『生まれてきたこと』さ。生命の誕生はまさに奇跡。その奇跡を乗り越えた僕には『命』という武器がある。『生まれてきたこと』と『命』。このふたつがあれば、僕はどんな困難ものりきる自信がある。どんな困難も成長の糧にする自信がある。だから、だから頼むよ」


マルぼん「…負けた。負けたよ、ヒロシくん。キミなら『むずかしい』人生を成長の糧にできるかもしれない」


ヒロシ「ありがとう、親友」


 こうしてヒロシは『むずかしい』難易度の、新たな人生を歩むことになったのです。『命』の大切さ、そして『生まれてきたこと』に誇りをもつヒロシなら、きっと困難な人生をのりきる
ことができるだろう。そして、そんなヒロシの新たな人生の『序章』がはじまりました。



 時は19××年。微笑町の公園。


若い男「うどん子さん。話があるんだ」


若い女「なあに、そば彦さん。今、いずれ生まれるであろう2人の子供の名前を考えていたのよ。女の子なら、ヒロ子。男の子なら…」


若い男「名前はもう必要ないんだ。…婚約を解消したい」


若い女「え…ええ…! なんで、どうして!? あんなに愛し合ったのに! ねえ、いったいどうして!?」


若い男「どうしてって…俺にもわかんねえよ。口じゃ説明できない難しい問題なんだ。じゃ、そういうことで!!」


若い女「そばひこさぁぁぁぁぁぁぁぁん」


『命』とか『生まれてきたこと』とか、そんなレベルじゃない段階で終わっちゃいましたが、仕方ないですよね、難易度『むずかしい』ですし。

 来世に期待。
スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。