■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マルぼんと暮らす ストーリーゼロ 第9話「雨上がり、人妻ふたり」の巻
                        今までのおはなしはこちらから


???「長官のバカッ! アホッ! マヌケ! トンマ! スカポンタン! 人間の屑! 生きる価値もないろくでなし! ロリコン!」


長官「おいらの人間の尊厳を冒涜するのはどこのどいつだ!」


???「ほっほっほっ。ワシじゃよ」


一同「ゲェー!! あなたは海鳴り老人!!」


 海鳴り老人。その名前を聞いたことがある人もいるかもしれません(いないかもしれません)。御年111歳。戦前から現在に至るまで、日本の中枢に居座りつづけ、『政界の黒幕』とあだ名される人物。多くの政争の仕掛人であり、多くの政治家の政治生命(あるいは本当の生命)を奪い、多くの政党を作り、多くの政党を破壊し、そのたびにかならず大きくなってきたモンスター。


長官「ご、ご無礼をいたしました! 申し訳ございません(土下座)」


海鳴り老人「まぁ。いいってことよ。SOREYORIMOだ。せっかくの計画をあきらめるだなんて、バカなことはおよしなさい」


長官「しかし、モノづくりニッポンをもってしても、友達ロボを作る事は無理なんですよ。もうあきらめて、泣きながら家に帰るしかないのです」


海鳴り老人「要するに、ロボが作れなくても、その代わりとなる『道具を使って子どもたちと触れ合う存在』がいればいいわけだろ」


長官「そんな存在がいるのですか」


海鳴り老人「いるよ。妖怪だよ、妖怪」


 ではここで、お便り紹介に移りたいと思います! 兵庫県のペンネーム『よろめきスナイパー』さんからのお便り。
「地の文さん、チャオ!」チャオ!「いつも複雑な気持ちでブログのほう拝見しております。実は悩み最近悩みがあるのです。近所の未亡人が気になって夜も眠れないのです。僕はいったいどうしたらよいのでしょうか」知るか、バカっ! では皆さん、See You Next Week! チャオ!

スポンサーサイト


ストーリーゼロ | 21:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。