■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「ヒロシ、支払方法で悩む」の巻
 最近、ネットオークションにはまっているヒロシなのでした。

ヒロシ「代金の支払い手続きがメンドクセー。ありえないくらいメンドクセー。自動引き落としを支払方法にしたいけど、このネットオークションは対応してやがらないのです」


マルぼん「はい、あらゆる支払方法を自動引き落としにするクスリ」


ヒロシ「さすがマルぼんや」


裏社会「ヒロシきゅん、邪魔するでー」


マルぼん「あ! 裏社会の住人! さてはヒロシのやっていたネットオークションは、盗品なんかも余裕で出品される闇のオークションだったのだな」


裏社会「この前の代金、支払まだや。自動引き落としやけど、ヒロシきゅんの口座には一銭もはいっとらん! 闇のオークション血の掟に従って、体で払ってもらうさかい。覚悟しいや。まずは角膜や」


ヒロシ「はん。バカ正直に体で払うバカがいるかよ。さらば裏社会」


裏社会「まって、行かないで! 俺のことが好きなら逃げないで!」


マルぼん「ヒロシ。逃げても無駄だ。だって支払は」


 逃げようとしたヒロシは、突然うずくまりました。目の付近を手で押さえて、うめき声をあげています。


マルぼん「支払方法は、自動引き落としなんだから」
スポンサーサイト


新作 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad