■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヒロシVS野球
 ナウマン象と金歯の率いる草野球チーム『エレファンズ』。ヒロシはこのチームに所属しています。スポーツと名のつくものは、「アニメや特撮の放送を休止させる憎むべき存在」と、観るのもやるのも嫌いな筈なのに、なぜか。


 実はそれには深い理由があるのです。『エレファンズ』結成時、『メンバーの数がまるで足りない。泣くほど足りない。呻くほど足りない』という悲劇が起こりました。ナウマン象はヒロシに拳を振り上げて、「入団しないと、俺の拳が濡れる。君の血でね」と脅し、金歯は札束でヒロシの頬を叩いて「おまえんとこの親父、うちのパパの経営する会社に勤めているんだって?」と脅しました。


 ヒロシは泣く泣く、『エレファンズ』に入団し、なぜかピッチャーになったのです。ヒロシなんかをピッチャーにするもんだから、『エレファンズ』は連戦連敗。


「ヒロシのせいです。次の試合で負けたら、俺は(ヒロシを)死なせます。懲役刑覚悟で」とは、ナウマン象の談。


「ヒロシが死んだら、来世はゴキブリになるように、知り合いの邪僧たちに祈祷させるつもりです」とは、金歯の談。


ヒロシ「ぼかぁ、死にたかないよう!」


マルぼん「がんばって練習しろ……言いたいところだけど、次の試合は明日だ。そんな時間はないね。こうなったら、機密道具の力を借りるしかないな。よし、今から君の肩に灸を据えるよ」


 『変化灸もぐさ』。このもぐさを使って肩に灸を据えると、変化球を投げられるようになります。その変化球は魔球スレスレで、たいていの試合なら、勝てます。そんなわけで、ヒロシに灸を据え終わりました。


マルぼん「よし、これでオッケーだ。とりあえずこのボールを投げてみな。適当に投げるだけで、すごい変化球になるから」


ヒロシ「あぱらちゃもげーた」


マルぼん「は?」


ヒロシ「おっきゃんてぃーおっきゃんてぃー」


マルぼん「どうした、ヒロシ」


ヒロシ「えっぱえろっぱどこいししょーこくもこくも」


 マルぼんの声かけに、聞いたことのないような言語で答えるヒロシ。その目は死んだ魚の目のようになっていました。


ヒロシ「まっしぼまっしぼ!」


マルぼん「しもた! 『変化灸もぐさ』の副作用が、脳とかそこらへんにいってもうたんや」


ヒロシ「ネイfんpウェイgd:・;pンwぽえfmpうぇんfpうぇんぽヴぇw。くけー!」


 マルぼんは、ヒロシが会話のキャッチボールでまで変化球を投げられるようにした、『変化灸』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト


日記 | 18:18:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。