■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
グレート無駄
ママさん「まったくヒロくんときたら、朝から晩まで飽きることなくギャルゲーギャルゲー。ほかにやることないの! ゲームばかりやっていてもなにも得るものなどないし、無駄でしょ!」


ヒロシ「無駄じゃないよ! 僕は朝から晩まで飽きることなくギャルゲーで美少女と戯れることで、心を豊かにしているの!」


ママさん「心を豊かにしても、腹はふくれませーん。だから、あなたのやっていることなんて無駄無駄~無駄の極地~」


ヒロシ「く、くやしい! でも確かに、僕の生き方には無駄が多い。マルぼん、僕も無駄のない生き方をしたいよ~」


マルぼん「これを飲みなよ。『飲んだらあらゆる行いが無駄ではなくなる薬』。無駄かと思える自分の行動になんらかの意味ができ、けして無駄ではなくなる薬なんだ」


ヒロシ「わーい」


 さっそく薬を服用するヒロシ。飲み終わった瞬間。


男「さわぐな!」


 猟銃を持った男が、いきなり乱入してきました。


ママさん「きゃー! 命ばかりはオタスケー! 金ならさしあげます! なんなら、この私のはじけんばかりの肉体もっ。抱いて下さい! 赤ちゃん産ませて!」


男「そんなものには興味はねえ! おい、そこの少年!」


ヒロシ「は、はひっ!」


男「俺の目の前で、朝から晩まで飽きることなくギャルゲーをやれ! そして美少女と戯れろ! 俺は、『少年が朝から晩までギャルゲーをやる姿』に、色々と感ずるものがあるんだ。簡潔いうと、萌えるんだ。
もしやらなければ、猟銃(あいぼう)が火を噴き、貴様らの命を焼き尽くす! 助かりたくば、ギャルゲーをやって、俺のもうひとつの相棒に色々なものを噴かせろ!!」


ママさん「ヒロくん! はやくギャルゲーを! そのギャルゲーをやるのよぉ!」


 と、その時。つけっぱなしになっていたラジオから、色々なニュースが流れてきました。


ニュース『微笑町のボツリヌス山ビフィズス郎くんは重い病気です。ヒロシくんが朝から晩まで飽きることなくギャルゲーをやれば、病気は治ります。みなさん、ヒロシくんがギャルゲーを買うための募金をお願いいたします』


ニュース『南ツンデレ村と東ヤンデレ村で、年貢の免除と、ヒロシが朝から晩まで飽きることなくギャルゲーをやることを望む村人による一揆が発生しました。西クーデレ村の一部村人も混ざっているようです』


ニュース『国際テロ組織「マッハ殺害団」が、日本の大沼ヒロシ少年が、朝から晩まで飽きることなくギャルゲーをやらなければ、世界各国の主要都市で、大量の糞尿を撒き散らすテロを行うと表明しました』


 マルぼんは『飲んだらあらゆる行いが無駄ではなくなる薬』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 18:39:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。